A PHP Error was encountered

Severity: Notice

Message: Trying to get property of non-object

Filename: controllers/blogs.php

Line Number: 883

ノベルゲーム制作関連:pictmalfem.net

277

投稿

非表示

お気に入り
最終更新日:2021年10月26日 23:17

ノベルゲーム制作関連

非会員にも公開
今作ってるノベルゲームの制作関連のつぶやき
絵は99%載せないです
今は脱線してハロウィン用超短編ノベルゲームを作ってます
  • 2021年10月26日 23:17
    ハロウィン用超短編ノベルゲームの告知絵、同じらくがきなら一枚絵よりは漫画のほうがいいと思うのでらくがき3コマ漫画描きました
    字汚いから文字入れだけはします…
  • 2021年10月25日 23:47
    完成したはずのシナリオを微修正して動画をとってYouTubeにアップしたりしたよ
    YouTube、何かの間違いでBANとかされたら怖いから普段使いのアカウントと違うアカウントをわざわざ作った

    ネージュが嘘をつくかどうか熟考の末、嘘をつかないシナリオにしました
    聖女だからって嘘をついたら罪などということはないとは思うんだけど、たぶん嘘は良くないことではあるので
  • 2021年10月23日 22:22
    やっぱりBOOTHじゃなくてGoogle Driveとかで公開しよう
    ぴくもふ以外からの導線を可能な限り排除したい
  • 2021年10月23日 21:11
    買ってきたお菓子に合わせてシナリオ直したので本当に本当にハロウィン用超短編ノベルゲーム自体は完成です!!
    結局イベントCGは描けなかったよ……ユーグとネージュの立ち絵が私史上最高に素晴らしい出来栄えのイラストだからゆるして……
    あと告知絵をなんらか描いて、10/30(土)に公開したいと思うよ
  • 2021年10月23日 12:42
    甘い物好きなのか?というのは本編に実装したんだけど別に重要ではないので言うが
    ネージュ……甘い物は好き。わざわざお昼ご飯の量を少なくして食後に大きめのパフェを食べようとするくらい好き。
    ユーグ……好きか嫌いかで言えば好きだけど、ちょっとでいい。具体的にはケーキ1切れくらいならいいけどパフェは多すぎる。甘味を食べる頻度は低い。
  • 2021年10月23日 12:33    編集済み:2021年10月23日 12:43
    一体どんなお菓子を買えばいいのかはさっぱりわからなかったが、まあ甘い物は何でも好きだろうし…と思って無難にハロウィン用に売ってる市販品を買ってきたゆーぐ

    ユーグが甘味を食べているところをあまり見ないので、もしかしたら甘い物があまり好きじゃないのかも?と思い、甘いのと甘くないのを幾つか詰め合わせようと思ってラッピング資材を探したんだけど、どういうデザインがいいのかわからなくなってしまい、散々迷った挙句に一番かわいいと思ったやつにしたねーじゅ(ちょっとユーグにあげるにはかわいすぎるな…と思ってはいる)

    という自創作キャラなりきりお買い物をしました
    この記事は省略されています。続きを読むにはここをクリックしてください。


    画像1枚目がネージュ、2枚目がユーグ

    ラッピングは本当にめちゃくちゃ迷ったんだけど一体何が正解だったのでしょうか
    箱に詰めたほうが高級感あっていいなあとは思ったんだけど、そんなガチのプレゼントみたいなラッピングしてもな…という気持ちになり…

    ちなみにユーグとネージュの住んでいる国は日本みたいに「他国のお祭りをテキトーに取り込んで楽しんでいる」という感じでハロウィンをやってるので、皆の認識は「トリックオアトリートって言うとお菓子をもらえる日」程度のかんじです

    この記事を省略状態に戻すには、ここをクリックしてください。

  • 2021年10月23日 00:46
    世を忍んでpictSpaceで公開しようかと思ったのだが、アップロードできるファイル容量がギリギリすぎて今後ゲームを更新したときアップロードできなくなる可能性があるので仕方なくBoothにすることにした
    ゲームをアップロードするには100MBはちょっと小さいですね……
  • 2021年10月22日 23:55  
    ゲーム内でちゃんとクレジット見られるようにしたいなという気持ちもあったので一応タイトル画面をつくった
    センスはお察し
    各種メニューはプラグインですてきなデザインになってるので色だけ合わせた
  • 2021年10月22日 23:09
    シナリオ無限に直せてしまうからそろそろ完成にしよう
    明日、どうしても見つからない素材写真を自分で撮影するために買ってくる……
    あとそろそろreadmeとか作る
  • 2021年10月20日 23:29  編集済み:2021年10月21日 00:05
    正しく動作してる状態がわからないとテストプレイできないんだから、やっぱり手元でオートで流したやつを動画に撮って公開するしか…

    試しに録画してみたらトータルで5分くらいだった
    文字表示速度最速、オート時の文送り待ち時間最速で

    別にゲーム性は無いから、Win版だけ出して、Windows無い人は動画見てくれ~でいいか
  • 2021年10月20日 20:54  編集済み:2021年10月20日 21:04
    BGM難民してたんだけど、
    https://dova-s.jp/
    このフリー音源サイトのライセンスの禁止事項に
    「コンバート等を行わず、エンドユーザーが容易に音源ファイルに音声ファイルとしてアクセス、複製が可能な状態での利用」
    っていうのがあって
    WEB公開すると、多少の知識があれば容易に音源ファイルに到達可能なんだよね
    音楽だけダウンロードできてしまう
    WEB公開するときって素材丸ごとサーバーにアップロードするだけなので、ファイルが隠蔽されない

    ということはつまり、このサイトの音源を使いたいならWEB公開ができないということです

    そうでなくても素材ファイルの一切が隠蔽されないのは個人的に微妙……
    なのでWEB公開するのやめようかなと思う

    Windowsしか持ってないのでWindows版だけ作る

    Mac版も書き出しはできるんだが、私がテストプレイできない
    (本当は会社から支給されたMacはあるけど、私的に流用するわけには…)
    Mac版テストプレイ手伝ってくれる人がいたら出せるが……というか「バグってるかもしれない」という制限付きでなら出せるから制限付きで出してバグ報告があったら消すか……

    ぶっちゃけライセンス違反してる人いっぱいいそうなんだけどな
  • 2021年10月19日 23:50  編集済み:2021年10月20日 00:42
    ハロウィン用ノベルゲームの導入と周回要素の扱いと結末が微妙すぎたので頑張って直すなどした
    それ本体のネタ部分以外全部って言うんだよ

    周回要素のためにちょっとS・F(すこし・ふしぎ)な感じになってしまっているが、本編は普通のファンタジーです
    ネージュは聖女として非常に強い効果を持つ魔術的な何かを行使できるポテンシャルを持っているので、たぶんハロウィン用ノベルゲームの世界のネージュはそのポテンシャルを発揮できたんだと思います

    流れ合わなくて没った説明部分なんだけど、ネージュは小さい頃から誰かと遊ぶということがなかったので、ふざけあうようなことに憧れている
    なのでユーグにいたずらしてほしがる
    子どもらしいことをせずに育ってきたので、少し子どもっぽいところがある
  • 2021年10月18日 00:22  編集済み:2021年10月18日 00:27
    本編の制作進捗はここに呟いてるわけなんだけど、面白そうなサービスを見つけたので登録してみた
    使い続けるかわからないが
    https://shinchoku.net/notes/64354
    マイペースで製作しようと思ってはいるがある程度目標を決めないとやらない言い訳ばっかりしてしまうので、たぶん構想を始めたと思われる6/20までに完成させることを目指すことにする
    本職がやばくなければ流石に終わると思うんだけど

    というかこのピクログ、そろそろ閉めてもいいかもしれないな?
    だんだんシナリオ煮詰まってきて、最初ほど喚きながら書くこともなくなってきたし……
  • 2021年10月17日 23:55
    ハロウィン用シナリオ、ネージュがユーグに落とされるシーンが無いですね!と思って加筆している
    この超短編で本編をなんとなく感じ取れるようにしたいので
    ユーグには軽率にネージュを落としてほしい、本編は仮にネージュ視点があるなら乙女ゲーのつもりで書いてるから
  • 2021年10月17日 18:53
    魔術で他人を飛行させる・浮かせることができるんだけど、それ使われた人ってたぶん自分の意思で移動ができなくなる
    手足は動かせるけど体の重心を動かせないみたいな
    とすると実質的に相手を拘束していることになるので、相手を縄で縛ってるのと変わらんヤバイ行為なのでは? という気がしてきた
    ちゃんと「浮かせていいですか?」って聞くようにしなきゃ……


    ところで本編に欲望のままに実装した後で自重して没った全年齢向けえろこめ展開の懺悔なんだけど
    (私は男性向け&全年齢向けえろこめが好きな人間です)

    この記事は省略されています。続きを読むにはここをクリックしてください。



    本編内でユーグがネージュを飛ばそうとしたら魔術がうまく使えなくて姿勢を安定させられない、という展開があるんだけど、当初わたしはネージュをさかさまにしようとしていました(懺悔)

    いや言い訳なんですけど、SAOみたいな超有名作品のゲーム化でもこういう展開あるんですよ!(※未プレイでスクショ見ただけです。でもSAOのゲームはほんとうにえろこめ展開が多すぎるよ)
    SAOはおそらく男性向けラノベに分類されるとは思うけど女性ファンもたくさんいると思うし多分こういうの好きな人って女性にもそれなりに多いと思うんですよ! 私以外にもね!?

    ただまあ人は選ぶな…と思ったのでやめました
    この展開入れちゃうと、これに関しては完全にユーグが悪いので、読者からユーグへの好感度下がっちゃうかもしれないし

    まあ別にこれを削ったところで胸が当たるみたいな定番の展開は残ってるんだけど……それらは不可抗力だから……
    あと男主人公のシナリオだから許して


    この記事を省略状態に戻すには、ここをクリックしてください。

  • 2021年10月16日 21:44
    午前中に塗ったやつ全部消して塗り直して「最後まで遊んでくれてありがとう」の絵ができたぞ!!!!!
    あとはこれをゲームに組み込んで、シナリオを直して、タイトル画面でBGM流すかどうか考えて、BGM流すならタイトル画面に設定画面へのリンクボタンを設置して、ぴくもふでの告知用になんらかの絵を描きます!!!
    いや終わらんまじで 告知用の絵らくがきでいい???
  • 2021年10月16日 12:03
    グラデーションマップで色調をととのえるのが自分の中で流行ってるんだけど、ユーグの髪色がかなりグレーに近いせいでグラデーションマップの影響を受けやすくて違う色になってしまう
  • 2021年10月14日 22:06
    既に10月が半分終わるのやばすぎる
    ぴくもふで告知するにあたって告知用の絵も何か描かなきゃいけないのに……
    しかもシナリオ寝かせてる内に周回要素がくどく感じてきたから1回分を削りたくなってきたし
    ハロウィンまでにちゃんと公開まで終わるんですか????
  • 2021年10月13日 22:58
    一瞬Twitterで喋ったけどこっちに書こ

    この世界の魔術はかなり万能で、技術的には行ったことがないどこかに転移することも、知らない場所にある物体を手元に転移させることもできる。
    ただそんなことを自由にさせたら世の中が崩壊するので法律で色々禁止されている。
    という裏設定の話
    この記事は省略されています。続きを読むにはここをクリックしてください。


    「ある一定以上の質量/大きさを持つものを転移させる場合、転移先にあらかじめ魔術陣を設置しておく必要がある。」

    これは同一の場所に転移しようとして衝突する事故を防ぐための法律である。

    実際に人が同一の場所に同時に転移した場合、何の対策も無ければ多分死ぬので、転移前の魔力の流れを検知して避けるセーフティシステムはたぶんある。(ゆるふわファンタジーなので、どうやって? というのは深く考えてない)

    あとそもそも転移先に何らかの物体が存在した場合は自動的に避けて、できるだけ近くに転移するご都合設定なので、たとえば家の中に虫がいるので外に転移させたい! というのはOK。
    でも転移先に人がいたらいきなり虫が出てきてかわいそうだから、いい子は人がいそうな座標を指定して転移させるのはやめようね。
    ユーグは家の中に虫がいて外に放り出したい場合、たいてい自分の真上の遥か上空を指定する。


    あとは遠くにある物体を手元(たぶん法律上は厳密に決まってるんだけど、実用上は自分の手が届く範囲という感じ)に転移させることには特に制限はない。
    でも当然自販機の中にあるジュースを魔術で取り出すのはNG。
    それと前述の自分が転移するようなパターンでも、他人の家に侵入したり、公共の場に勝手に転移先魔術陣を設置したりするのはNG。
    その辺は魔術用の法律ではなく別の法律で決まっている。我々の世界と同じような法律がある。


    そもそも論として、転移先・転移元のどっちかには魔術陣を設置しておくのが一般的である。
    それは3次元的な座標をリアルタイムで指定して転移させるというのは難易度が高いから。
    「虫を外に放り出したい」みたいな「ここ以外のどこかならどこでもいい」的な状況ならともかく、そうでない場合は座標をミスると当然事故るし、うっかり転移NGの場所に転移しちゃって法律違反になったりするので。


    「何らかの物体がある場合は避ける」って言ったけど、水はどうなんだろうね……
    避けるのかな……たぶん避けるんだろうな……

    避けた先を計算する試行には回数上限があって、一定回数試行しても転移できる場所が見つからなかったり、元の指定位置と離れすぎてしまったら、転移がキャンセルされる。
    このへんは、この世界の魔術がプログラミング的であるというところですね

    この記事を省略状態に戻すには、ここをクリックしてください。

  • 2021年10月12日 23:35
    ティラノスタジオでMac用のアプリケーションも書き出せるみたいなんだけど、さすがに自分でテストプレイしてないものを世に出すわけにはいかないから、Web版とWindows版だけかな

    あとやっぱり手元でフルオートで流した動画をどっかにあっぷして「ゲームがうまく動かない人・スマホしかなくてやりづらい人はこちら」みたいな感じでリンクはりたい
    でも動画の再生数は見たくないからYouTubeとか使いたくない
    自分のサイトに直接アップロードするしか……
    そもそもWindowsで簡単に音つきでキャプチャできるのか確認してないんだよね
    あとキャプチャできるとしても画質の劣化がひどかったら、私の知識ではちょっと解決に時間がかかるから見送ることになる

PAGE TOP